そんなブログ

俺達は―暗夜の閃光 炎の中からはじけ飛ぶ 最後の兇弾

『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』を三池崇史監督作品として観る

f:id:mcxieoyreivblasowe:20170820235959j:plain

年に2~3本ペースで公開される三池崇史の映画を足しげくチェックするのは、言うまでもなく映画好きの常識である。
その内の一本として8月4日に公開されたのが『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』だが
これも過去の三池作品と同じように、「三池印」とも言うべき作家性が含まれている。

続きを読む

ゴジラは「ガワ」だけ遵守していれば良し

f:id:mcxieoyreivblasowe:20170724190221j:plain

1998年版『GODZILLA』(以下エメゴジ)を久しぶりに観たのだが、評価が対極の位置にある『シン・ゴジラ』と比較すると何かと興味深い。
純粋に作品として比べると、方向性の違いがあり過ぎるとはいえどちらも万人が楽しめるエンターテイメント作であり、悪い作品ではない。

続きを読む

評する時に「クソ」を使う是非

くそ
【糞・屎】
1.
《名》肛門(こうもん)から出る、食物のかす。大便。転じて、分泌物や物のかす。
 「目―」
2.
《感》人をののしったり、「何を」と思ったりする時、発する語。
3.
《名詞に付けて》 物事や状態をののしったり、強めて言ったりするのに使う語。
 「―ばばあ」
ふん
【糞】
動物が排出する、食物のかす。くそ。大便。

罵倒語としての「クソ」は他人を罵る際に使う「クソ野郎」等、大昔からあったと思われる。
調べると戦国時代以前からあった、という記述もある。

続きを読む

人間は死ね!『キングコング:髑髏島の巨神』

f:id:mcxieoyreivblasowe:20170426231949j:plain

以前『シン・ゴジラ』の不満をブチ撒けた記事で「怪獣映画は物ブッ壊して人ブッ殺してナンボ」と書いたが

『髑髏島の巨神』は孤島が舞台故に「物をブッ壊す」快感には乏しかったが
それを補うが如く「人をブッ殺す」快楽(ここでは怪獣映画特有のそれを指す)には満ち溢れていた映画だった。

続きを読む

実写映画『進撃の巨人』公式サイト消失事件

f:id:mcxieoyreivblasowe:20170403234146j:plain

http://www.shingeki-seyo.com/

これが実写映画『進撃の巨人』の公式サイトのURLなのだが、何の気無しにアクセスすると見れなくなっていた。

続きを読む

映画は自由でいいと鈴木清順から勝手に教わった

f:id:mcxieoyreivblasowe:20170222202948j:plain

以前、樋口真嗣の監督、特技監督作を網羅しようとしていた時期がある。
『八岐大蛇の逆襲』、『ミカドロイド』など購入するには比較的割高、近場のレンタル店に並んでいない作品は除いて。
そんな中で観たのが2001年に公開された『ピストルオペラ』だ。

続きを読む

『シン・ゴジラ』に足りないもの、それは製作者のイジワルである

f:id:mcxieoyreivblasowe:20160805192707j:plain

※ネタバレ注意

初日でIMAXを2回、その後に1回。計3回。
8月5日現在、『シン・ゴジラ』を劇場で観た回数である。
1回目は正直「う~ん」となった。
予告の印象からドが付く位のシリアス調なんだろうな、と予想していたからである。

実際はコミカルなシーンも多々ありの見方によればトンデモもありの正調空想特撮映画であった。

続きを読む