実写映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』(前篇)は俺の映画だった

※ネタバレ注意 一般的に評価の低い作品が好きになった場合、どうすればいいのか。あちこちで見る酷評、酷評、酷評。それらを見るのは非常~に精神的によろしくない。「自分」と「好みの作品」はほぼイコールで同調しているので、自分が貶されている、という気分になるからである。せめてもと思い「いや俺は好きだ」という…