そんなブログ

俺達は―暗夜の閃光 炎の中からはじけ飛ぶ 最後の兇弾

実写映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』(前篇)は俺の映画だった

f:id:mcxieoyreivblasowe:20160714164816j:plain

※ネタバレ注意

一般的に評価の低い作品が好きになった場合、どうすればいいのか。
あちこちで見る酷評、酷評、酷評。
それらを見るのは非常~に精神的によろしくない。
「自分」と「好みの作品」はほぼイコールで同調しているので、自分が貶されている、という気分になるからである。
せめてもと思い「いや俺は好きだ」という記事で反抗してみることにする。
でも公開されたのはもう1年近く前なんだよなぁ。書くのが遅い!

遅くなったのは、公開当時はその魅力に気づけていなかったからである。
実際当時書いたレビューでも「80点!」と書いている。

だがソフトで見返すと「80点!」どころではなかった。
点数に表せないほどの作品だったのだ。
それほど好き、いや「好き」という言葉すら陳腐と思えるような…
とにかく自分の、自分自身の映画だった。
自分自身の、というのは主人公の青年であるエレンが早い話、俺、自分の生き写しだったからである。
外見で俺だったのではなく、内面で俺だったのだ。
エレンは壁の外の世界を夢見ているが、目の前の仕事、現実には目を背けて投げ出している。
気のいい親友であるアルミンも、彼女と言っていいようなミカサもいる「恵まれている」人間の癖にその事には気付いていない。
つまりは「見果てぬ夢を見るボンクラ」なのである。
時代と舞台は違えど、自分を見ているような錯覚を覚えた。
最初(巨人侵入前)はエレンと自分が状況を含め一致していたのだが、以降は状況が剥離することになる。
だが、エレンへの異常なほどの感情移入は続く。
超大型巨人によって壁は破られ、現実を直視せざるを得なくなるエレン。
二年後、壁修復作戦に志願、壁の外に出るも仲間は次々と巨人に殺されていく。
追いつめられるエレン。
そしてギリギリの場面で遂に現実と「目を背ける」のでも「直視」でもない「対峙」をすることになる。

ジャン「無理だ……勝ち目なんかねぇんだよ」
エレン「じゃあ、一生そうしてろ!

f:id:mcxieoyreivblasowe:20160714164821j:plain

シキシマへの対抗心からとはいえ、現実と文字通り対峙したエレン。
エレンにとってシキシマとは、上官であり、ミカサを奪った恋敵であり、憧れであり……
その前で逃げることは絶対に出来ない。
ジャンは現実に飛び出すことのできない「もう一人の自分」である。
それを見て「一生そうしてろ!」と叫ぶ。「俺はお前のような怯えてばかりの人間じゃない」と。
ここのエレンを見て「ギリギリの状況にならないと飛び出せない情けない奴」と思う人もいるかもしれない。
だが、自分にとってここは「飛べない自分が飛べた」、至上のシーンだった。
「一生そうしてろ!」はジャンではなく、自分に向けられた言葉のように聞こえた。
「飛び出した」エレンにシキシマは言う。

「捕まるのを恐れては近づけないぞ、敵の懐に飛び込め、飛べ!」

「飛べ!」、これがこの作品のテーマ、と自分は解釈している。
何故この作品が途方もなく好きになったのかというと結局は「主人公が俺だった」ことと「提示しているテーマに心打たれた」からだ。
「飛んだ」後も物語は続く。
エレンは片足を失い、アルミンを助けようとした結果、巨人に喰われてしまう。
絶望の淵でエレンは呻く。「駆逐してやる……」
巨人に覚醒するエレン。巨人を次々に駆逐していくが、心の穴は埋まらない。
ミカサに手をかけようとするも、決別することができない。
エレンは大小様々なものを失い、物語は終わる。
これは「青年の挫折」の物語だった。
オチだけ見ると悲惨で救いがないが、重要なのはやはり「飛び出した」ことなのだ。
最後の最後、エレンが目を見開くのは「エレンの人生はまだ続く」ことの象徴、まだ希望はあるかもしれない、ということだと解釈できる。

f:id:mcxieoyreivblasowe:20160714164827j:plain

この物語に特撮が加わって画的な恐怖感、高揚感をプラスしているのだから文句の付けようがない映画、と自分の中ではならざるを得ないのだ。
「青年のルサンチマンと特撮がマッチした希有な映画」という評価が適当か。
「それでもここは駄目でしょ」という反論を予想して、本作の一般的な所謂「問題のシーン」についての考えも記しておきたい。

  • 巨人襲撃後、エレンがフラついて逃げるのはおかしい。走って逃げるべき

 極度の放心状態だったので仕方がない。巨人は教会の人々に夢中だったので逃げられるはず
 逃げる気力すらないエレンの情けなさの演出。

  • 輸送車の中で喋るのはおかしい。巨人に気付かれる

 「大声は出すな」「叫ぶぐらいなら舌を噛め!」とあるので普通に喋る程度なら問題ない。

  • ヒアナの単独行動、エレンとジャンの喧嘩から見て指揮がとれていな過ぎ

 原作やアニメと違い、寄せ集めの部隊なので仕方がない。

  • シキシマの演出がダサい、特にリンゴ

 これは感性の違いなのでいかんともしがたい……

  • エレンの叫びが大げさすぎ

 ミカサがエレンにとってどれほど重要だったかの演出。

  • 特撮がショボい

 自分はショボいと思わなかったのでこれについては回答不能。平行線にしかならないと思われる。

 

最後に述べておくと、今の自分のオールタイムベスト1は間違いなく本作だ。
浅い映画鑑賞歴だが、ここまで興奮し感情移入した作品は他にない。
映画どころか今まで見てきたあらゆる創作で一番、というくらいだ。
本作以上に入れ込める作品にこれから出会えるかどうか、不安である。